パスタとそばの違いは?栄養価やダイエット、コスパで比較!

パスタ そば

パスタとそばの栄養価や原材料の違いは?

日本人は麺好きな方が多くいます。綿と言っても種類は多く、その中でもそばとパスタはとても人気があり、日常的に食している方も多いです。

和食とイタリアンという違いがありますが、その栄養価や原材料の違いについても説明します。そばの原料は蕎麦であり栄養価がとても高いです。

生命維持や成長する過程に必要不可欠なたんぱく質を多く含み、更にビタミンB群も豊富に含まれています。

ビタミンB群は疲労回復、食欲不振解消、心臓病予防にも役立つ成分とも言われており、するっと食べやすいことから食欲がない時にも食べやすく、栄養が摂れることで昔から日本の食文化には欠かせないものです。

一方パスタの原材料は小麦粉です。炭水化物でありますが、白米に比べてカロリーが低く栄養価は豊富に含まれていることで日本人にも馴染み深い食べ物です。タンパク質や食物繊維も豊富です。

パスタは様々な味に変化させることが出来るのも特徴で、一緒に野菜や肉類などが食せることで、それだけで栄養バランスを整えることもできるのも魅力です。

麺類は塩分を摂りすぎることもあるので、味や汁を調節しながら上手に食べることが大切です。

パスタとそばでダイエットに向いているのはどっち?太るのは?

結論から言うとダイエットには、そばの方が向いています。そばダイエットと言うものがあるくらい麺類の中でも優秀な部類です。

パスタを含めて様々な麺類は小麦粉を原料とするものが多いですが、そばの原料はそば粉になります。

まず原料という大きな違いがあるのです。食品にはGI値と呼ばれる基準が存在していますが、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすく、インシュリンの分泌が活発になります。

インシュリンは脂肪を作る働きがあるため、太りやすい食品だと言えるのです。逆にGI値が低ければ太りにくい食品だと言えます。

そこで、パスタとそばのGI値を比較してみます。パスタは65、対してそばは59です。さらに、カロリーもパスタの方が多い上にソースをかけたり、油を使ったりすることからも高くなりがちです。

また、小麦粉からできており、ほぼ全てが炭水化物で構成されているため消化が早く腹持ちも良くありません。

一方、そば粉は雑穀ですので食物繊維が水分を吸収して膨らみ、満腹感と消化時間も長く腹持ちが良くなります。

見た目からは想像できませんが栄養価も高く、特にビタミンB郡が豊富で脂肪や糖質の代謝を促進してダイエットにも健康にも良い食品だと言えます。

パスタとそばではコスパがいいのは?どっちが節約できるか比較!

パスタとそばのコスパはどっちがいいのか比較をしてみまたのですが、腹持ちが良いのはそばです。

価格で節約になるか検討するとそばですが後は味の好みです。パスタはソースが必要なので、そのぶんだけ費用がかかります。

そばはつゆがあれば食べられるので節約が可能です。費用を考えると両方とも麺類でやすいレシピを考える事が可能です。生野菜などの具材を入れる事で腹持ちが良くなります。

価格を抑えるには具材やソースになる食材を抑える事がポイントです。節約料理の代表的な物の一つであるパスタは、料理が苦手な男性に人気があります。

安いソースで作ると簡単に済ます事が可能な給料日前の食事として独身の方だけでなく主婦の昼ご飯の代表です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です