キタッラは子羊の煮込みソースやカルボナーラにすると美味!

キッタラ(パスタ)とは

キタッラ(パスタ)とは?特徴について

様々なパスタの中であまり見かけない物の一つが「キタッラ」です。「Chitarra」と表記し、語源はイタリア語のパスタを作る道具からきています。キタッラはイタリア語でギターの意味を持ちます。

パスタを作る道具がギターのような細い弦を張っていることから、キタッラと呼ばれるようになりました。日本ではキターラと言う呼び方もあります。

特徴は断面が四角形をしていることです。通常の円形のロングパスタと比べると、太さも約2~3mm程度ほどあるため平打ちのような印象なのです。イタリア・アブルッツォ州の郷土料理に使われていたもので、子羊の煮込みソースで食べるのが伝統的な調理法になります。

キタッラ(パスタ)の茹で方や茹で時間

キタッラの茹で方も一般のスパゲッティと同様に、1%の塩分濃度のお湯で茹でるようになります。(1000mlのお湯に対して10gの塩を入れる)

茹で時間は乾麺の場合は約7~9分程度となり、生麺の場合は約3分程度となります。

各メーカーによって茹で時間が変わってきますので、実際の面の硬さを確認しながら茹であげましょう。

キタッラ(パスタ)に合うソース

キタッラは本格的なイタリアンパスタとして認知されていますが、元々は郷土料理であるため子羊の煮込みソースで頂くのがおすすめのパスタとなります。

子羊の煮込みはなかなか難しいですが、ミートソースなどの定番やクリーム系のまろやかなものまでとても美味しくいただけるでしょう。

他にも家での調理のことを考えた際に相性の良いソースは、食感がしっかりしていて、ソースも絡みやすいので濃いソースが合うソースとなります。

カルボナーラとして美味しく食べる事が可能なため、家でも作る事ができます。なお、カルボナーラを作った時に黒胡椒を使用する事でより美味しい味付けとなるためおすすめです。

見た目は普通のものと似ていますが、いつもとはちょっと違う食感になるので一味違ったパスタ料理になります。

キタッラを使ったパスタのレシピ

キタッラを使ったパスタのレシピは生ハムを添えたカチョエぺぺで、食材はサンダニエーレ産生ハムだけなのでコストをかけることなく作ることができます。

あと一品何か欲しい時にはお薦めの料理で、簡単に作ることが出来るのでけっこう人気があります。

その他にはボンゴレロッソを挙げることが出来ますが、こちらもあさりを8個から10個とトマト1個、にんにく1片だけで作ることが出来るので人気があります。

食べ終わったらあさりを処理しなければならないのでその点は少し面倒ではありますが、抜群に美味しいので1度作ったら病みつきになります。

また、きのこ入りカルボナーラもエリンキとマッシュルーム、ベーコンとにんにく、卵黄だけで作ることが出来るので、手間暇がかからないと言うことでお薦めの一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です