ツィーテとはマカロニを長くしたようなパスタでレシピのアレンジも多数♪

ツイーテ(パスタ)とは

ツィーテ(パスタ)とは?特徴について

珍しいパスタの一つが「ツィーテ」です。表記は「Ziti」で語源はイタリア語です。日本語表記だとズーティと言う呼び方の物もあります。一般的にグラタンなどの料理に使用されることが多いです。

特徴は5mm~8mmと少し太さがあり、断面は穴が開いていて中に空洞があることです。その形からツィーテはロングパスタに分類されます。

長めだけれど空洞があり、マカロニと同じような形をしている面白いパスタなのです。そのため別名ロングマカロニとも呼ばれることがあります。

あまり見かけることの無いパスタですが、短く切ってマカロニと同じように使うことができます。調理すると中にソースが入り込むため、食感も良く満足できる仕上がりになるでしょう。

ツィーテ(パスタ)の茹で方や茹で時間

ツィーテの茹で方は、100gのパスタに約2ℓの水が必要になります。水の量が不足ですと、茹で上がりがゴムのような感じになるので気を付けたいです。

こちらをガスの火にかけて沸騰しましたら1%の塩を加えます。ちなみに2ℓお湯なら約大さじ1と1/2程度でOKです。次にパスタを菜箸で軽くほぐすようにしながら茹でていきます。

ツィーテの場合は乾麺で太いことから最適な茹で時間は約9分と通常のパスタより長めが良いです。

ツィーテ(パスタ)に合うソース

ツィーテ(パスタ)に合うソースは濃厚なソースで、特に濃厚なチーズソースは相性が抜群なのでおすすめです。

ツィーテは太めのパスタで穴があり、マカロニのように使われることも結構あるので、濃厚なソースを絡めることによりおいしい味になります。

その他にもクリーム系の濃厚なソースとは特に相性が良く美味しくいただけます。

またツィーテを利用したレシピも色々ありそれに合ったソースを使うのが良いのですが、その中でもチーズソースは勿論のこと明太子の濃厚なソースもけっこう合うのでそれらをかけて食べている人が沢山います。

ツィーテを使ったパスタのレシピ

ツィーテは空洞があるため、ロングパスタのようにもショートパスタのようにも使えるので、様々な調理法ができアレンジも効きます。

ツィーテを使用したレンコンとほうれん草のパスタは食べごたえも十分。

レシピは

  • ほうれん草2束
  • レンコン適量
  • ツナ缶
  • ツィーテ150g
  • バター15g
  • 醤油大さじ1.5
  • 塩と黒胡椒少々
  • 粉チーズ
  • 塩昆布ひとつかみ
  • だしの素小さじ2分の1

です。

メインの食材はほうれん草とレンコンですが、ツナ缶と和風のだし、そして粉チーズが意外にもマッチします。

調理方法は鍋にたっぷりのお湯を沸かしている間に、レンコンの皮を剥いて一口大にカットして水にさらし、ほうれん草は3センチ程に切っておきます。

沸騰したお湯に塩を加えツィーテを指定時間に従って茹でます。フライパンにバターを溶かしてレンコンを炒め、火が通ったらツナとほうれん草を投入。

軽く炒めたら塩と黒胡椒、醤油とだしの素で味を調えます。茹で上がったツィーニを加えて、塩昆布と一緒に混ぜ合わせます。最後に粉チーズをかけたら完成です。

いつもとは一味違うパスタ料理を作りたい人は、ツィーテを使った料理に挑戦してみましょう。珍しい見た目と食感がきっと目を惹く逸品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です