カッペレッティは可愛い帽子の形♪人気はコンソメスープパスタのレシピ!

カッペレッティ(パスタ)特徴

カッペレッティ(パスタ)とは?特徴について

カッペレッティも手打ちタイプで、形と食感にも生麺のような柔らかでもちもちしたパスタという特徴があります。特にその形状は独特で、カッペレッティの語源もイタリア語の「小さな帽子」が由来です。

カッペレッティはCappellettiと表記し、巻き上げた形状が帽子に見えることで、現在の呼び方になったと言われています。ひとつひとつの断面は、まさに名前の由来通り帽子の形です。

茹でた後は当然柔らかくなってしまうため、多少は形が崩れますが、それでもスープをすくうような構造となっているため相性が良くなっています。

太さはそれぞれが一口サイズとなっており、厚さは2mm程度です。

カッペレッティ(パスタ)の茹で方や茹で時間

カッペレッティは湯で時間に気を配る必要があります。乾麺とは違って生麺として使用されることが多く、手打ちによって作られています。そのため、茹で時間も乾麺に比較して長くありません。

生麺の場合はその日の状態で最適な時間が前後します。硬さを確認しながら、調理することが大切です。

カッペレッティの茹で方では、まず塩水を用意するところから始めます。塩水を沸騰させてから、カッペレッティを鍋の中に入れてください。

茹で時間はだいたい3分から5分くらいが目安となります。パスタがちょうど良い硬さになったら、お湯から出しましょう。

カッペレッティが入ったスープを作る場合は、お湯で茹でる必要はありません。沸騰したスープの中に入れて、お湯と同じくらいの時間をかけて茹でます。スープの場合は、ちょうど良い柔らかさになったら調味料で味を調えてください。

カッペレッティ(パスタ)に合うソース

カッペレッティには煮込み料理としてイタリアでは食べられています。スープパスタとの相性が良い為、おすすめです。

日本では合うソースの一つと言われているのが、コンソメの味付けで手軽に食べる事となります。

おいしいと思える食べ方はさっぱりとしたスープになります。コンソメとケチャップを上手く融合する事で酸味も含まれる為おいしく食べる事が可能です。

スープにはセロリや玉ねぎが相性が良いため、家庭でも手軽に調理ができるパスタです。

その他にもトマトソース、クリームソース、オイルソースなどで美味しくいただくことができます。

カッペレッティを使ったパスタのレシピ

カッペレッティを手軽に簡単に作ることができるレシピとしては、コンソメスープでいただくレシピが人気です。食材は家にあるもので十分です。

人参、ハムかウインナー、玉ねぎ、シメジなどのきのこ類を水に入れてそこにコンソメを入れて湯がきます。

そこにカッペレッティを投入して後は塩やコショウやパセリなどで味を調えるだけです。たくさんの食材を入れていますので栄養満点で健康にもとても良いレシピです。

洋風餃子のような触感を味わうことができますので、小さな子供も喜んで食べてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です