マカロニに合うおすすめソースやレシピで人気なのはどれ?

マカロニ(パスタ)特徴

マカロニ(パスタ)とは?特徴について

日本でよく食べられるパスタに一種がマカロニです。ショートパスタの一種になります。

語源はギリシャ語のMakariaという説が有力ですが、シチリアが起源であるという説もあります。呼び方はマカロニには様々な説があり、いろいろな国で食べられているのが特徴です。

ショートパスタの中では太さがあるマカロニは、直径約3㎜ほどの筒状の形をしています。

断面は丸く、筒の中にソースが入ることによって美味しく食べることができます。食感は食べ応えがあるため、重めのソースともよく合います。

マカロニはパスタの中でも最も万能で様々な料理で使いやすいものです。メインのパスタとして調理するのもよいですが、サラダなどに合わせて利用されている方も多いです。

また、お弁当に作りたいというときには表記よりも1分程度長めに茹でると冷めても柔らかいマカロニ料理を作ることができます。合う食べ方としては、サラダやグラタンなどがオススメです。

マカロニ(パスタ)の茹で方や茹で時間

マカロニ茹で方の基本は、鍋にたっぷりの水をいれたら沸騰をさせて、パスタと塩を加えて中火で茹でます。

茹で時間は1~9分と商品によって異なるため、パッケージに表記された時間を参考に茹でることが美味しく食べるポイントです。

パッケージにはそのパスタにあった茹で時間が書いてありますが、ほんの少し長く茹でると冷えてもソフトなマカロニメニューをつくることができます。

茹でるときの分量としては、マカロニが100gだったら、水は1リットルで塩は小さじに1杯です。

マカロニ(パスタ)に合うソース

マカロニは様々な使い方ができるので、特に合うソースも限定されることがありません。

野菜などと合わせて調理に使う場合には絡みやすいマヨネーズの味のソースが合いますし、トマトやクリーム系とも相性が良いです。おいしいソース自体を料理で楽しみたい時などにもおすすめです。

食材の中でもマカロニはグラタン等のホワイトソースとの相性が抜群です。そのためホワイトソースのパスタにも合いますがペンネの代わりとしてトマトソースと和えても美味しく食べられます。

重いものが食べたいときにはチーズと合わせるのもよく、ホワイトソースにいろいろなチーズを入れたものにマカロニを混ぜるのも美味しいレシピです。

マカロニを使ったパスタのレシピ

マカロニを使ったおすすめのレシピは、ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒めてから、ベーコンとトマトを入れて火を通しておいたところに少し固めにゆでたマカロニを入れてませれば完成です。

他のレシピとしてはジェノベーゼソースと和えても美味しく食べられます。庭にバジルが生えている場合はそれを適量摘んで、オリーブオイルと松の実、ニンニクと一緒にフードプロセッサーで混ぜ合わせます。

それを茹でたマカロニと和えればジェノベーゼ風になります。食感が良く風味が良いので軽食や昼食などに最適です。

マカロニが余った場合には、冷凍保存することも可能で、水を切ったものをパラパラになるまで油で揚げていき、きつね色になったら熱いうちにクレイジーソルトや塩、胡椒で味を付ければ簡単なスナック菓子としても食べることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です