マニケとは肉や野菜を詰められる絶品パスタ!その特徴は?

マニケ(パスタ)とは

マニケ(パスタ)とは?特徴について

マニケとは太さがかなりあるショートパスタで、その中に肉や野菜を詰めて調理をするのが特徴です。マニケはマカロニのように中に空洞があるタイプのパスタで、特徴は2㎝から3cmもある太くて短い形状です。

形はマカロニと似ていますが、断面が円筒状ですが一般的な日本で見られる種類よりかなり太さがあるので、茹で上がるとよく見られる平打ち面のように見える場合があります。

日本ではあまり一般的ではなく、家庭料理として調理される事は少なくイタリア料理店で食すことが多い食材です。イタリアでは良く使用される種類の一つになります。

マニケの語源は袖を意味するイタリア語です。表面に溝がある種類や短い物は呼び方や表記が異なりますが同じ種類で食感が良いです。

マニケ(パスタ)の茹で方や茹で時間

マニケは太くて短いパスタなので、茹で時間も通常のパスタよりも多少長くメーカーにもよりますが11分ぐらいが目安になります。

茹で方は普通のパスタと同じようにお湯に対して1%のお塩を入れて茹でていきます。1%がどれくらいかというと1Lのお湯に対して1gのお塩を入れる感じです。

あまりなじみのないマニケですから、様子を見ながら茹でていきましょう。

マニケ(パスタ)に合うソース

マニケの太くて短いパスタの特徴から、中に肉や野菜を詰めてもおいしいです。中に詰めるのが大変な時は、味が濃いソースを合わすとマニケとの相性が良いです。

マニケに合うソースは大柄な形状から、クリームソースやトマトソースあるいはミートソース等が相性が良く濃厚なソースがおすすめです。

その他の合うソースはチーズやバターを使ったコクのあるソースでもいいでしょう。どんなソースと合わすかによって使い分けると美味しく食べる事が可能になります。

マニケを使ったパスタのレシピ

マニケを利用した美味しいレシピは、グラタンなどに利用するのが一番過程では使いやすく美味しく食べられる方法です。

マニケはマカロニと同じように円筒状でしかも太いので濃厚なソースとの相性は抜群なのです。ですから味の濃いソースを使用したパスタ料理が相性の良いので、ラグーソース風のパスタは最適です。

クリーム系のソースにするなら、ベシャメルソースではなく、生クリーム、白ワイン、バターを使うとより本格的な味のパスタに仕上げることができます。

マニケの特徴を踏まえながら自分自身で工夫してレシピを考える事が料理を楽しむ一番の醍醐味であると思います。

心を込めて作る料理は何よりも美味しいですから、自信を持って料理を作れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です