ガルガネッリとは卵を使用した生パスタ!美味しいレシピは?

ガルガネッリとは
スポンサーリンク

ガルガネッリ(パスタ)とは?特徴について

ガルガネッリとは、イタリアのロマーニャ州の伝統的なパスタの種類を指します。卵入りの生パスタで、通常の食感よりもコシがあって弾力を楽しむ事が出来るでしょう。

その語源は、鶏の気管のロマーニャ地方での呼び方であり、表記はgarganelです。

また特徴としては筋の入ったペンネによく似た形をしていますが、ペンネの筋が縦に入っているのに対し、ガルガネッリは横縞模様をしています。

この細かい凹凸部分にソースが上手く絡むので、薄目の味でも心配なく美味しく食べられるでしょう。断面は空洞になっていて、太さは様々です。

そしてこの模様は、ペッティネという器具を使ってつけているのです。本来は布を織るための織機の部品ですので、作っている現場はパスタとは思えません。

ガルガネッリ(パスタ)の茹で方や茹で時間

ガルガネッリの茹で方と茹で時間ですが、パスタ100グラムに付き水は1リットル、塩の量は1リトッルにつき5グラムです。塩を入れてたっぷりのお湯で、パスタを4分から5分茹でれば完成です。

ガルガネッリはショートパスタなので、茹で時間は短めです。忙しい方には、茹で時間が短めのガルガネッリが良いかも知れません。茹で方も難しくないですし、料理初心者な方でも作れます。

ガルガネッリ(パスタ)に合うソース

ガルガネッリに合うソースは、トマト系でクリームやチーズを入れたタイプが相性が良いのでおすすめです。

ガルガネッリはショートパスタなので、味が濃厚なソースとあわすとおいしいです。野菜だけだと少し物足りないので、好みのチーズもしくはクリームで味を調整します。

よく使用される具材として乳製品をトマト以外に入れるのが、定番の食べ方でおすすめの手軽な相性がよくこの料理に良く合うソースになります。

ガルガネッリを使ったパスタのレシピ

可愛らしい丸みが特徴のガルガネッリのレシピですが、ペンネに見た目が似ている事もあって、同じような感覚で使って問題ありません。

トマト系のソースを合わせてシンプルに食べるのもよいですし、食材で牛や豚のひき肉があればラグーソースを作ってたっぷりかけて、ぱらりとチーズを好きなだけ振りかけて食べましょう。

野菜をたっぷり使ったオイルソースでも食べ応えが出ますし、チーズやクリームを使って濃厚なパスタに仕上げるのもおすすめです。

特徴である形状の溝にソースがよく絡みます。ホタルイカなどの魚介類でさっぱりとしたソースなども美味しくなりますから、旬の食材を組み合わせて様々な味に挑戦できるのもガルガネッリの良いところです。

野菜多めのミネストローネ等に入れたり、ミートソース系に絡ませるのも美味しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です