ルマコーニとはカタツムリの形に似た独特なパスタ

ルマコーニ(パスタ)特徴

ルマコーニ(パスタ)とは?特徴について

ルマコーニとは、独特な形をした小さなパスタです。イタリア語では「Lumachine」と表記し、日本語ではルマコーニという呼び方になっています。

マカロニと同じく穴は開いていますが、片方がつぶれていて丸くカーブしているという特徴があります。

その形状がカタツムリの殻に似ていることから、イタリア語でカタツムリを意味する「Lumaca」が語源となっています。

ルマコーニはショートパスタの一種で、カタツムリの殻のような形をした独特なパスタです。大きさは3~3.5cm、太さは1cmくらいで、断面は楕円のような形をしています。厚めの生地で作られているため、もっちりとした食感で、歯ごたえもしっかりとしています。

ルマコーニ(パスタ)の茹で方や茹で時間

ルマコーニの茹で方は普通のパスタと大差ありませんが、形の都合上茹で時間が長くなります。

12分から14分間くらい茹でるのが一般的です。その日の状態によって茹で時間が変わることもあるので、硬さをこまめにチェックしながら茹でることが大切です。

他のパスタと同様に、沸騰したお湯に塩を入れてからルマコーニを茹でます。

ルマコーニ(パスタ)に合うソース

ルマコーニは厚めのパスタであるため、相性の良い味付けは濃い味付けが合うと言われています。また、おすすめは煮込む調理方法です。

ルマコーニは生地が厚めなため、濃いめのソースと合わせると相性が良いです。合うソースとしてはトマトソースもしっかりと味付けをして、一つ一つに詰める事で美味しく食べる事ができます。

おいしいと思える調理方は一つ一つに詰めるという事です。これをする事で歯ごたえのあるルマコーニが美味しく食べる事ができます。煮込み料理に関しては味が浸透するようにしっかりと煮込む事が重要です。

ルマコーニを使ったパスタのレシピ

ルマコーニを使ったおすすめレシピを紹介します。

非常に簡単に作れるレシピとしては、中が空洞で表面積も大きいので様々な具をつめて料理することができますし、そのままソースをからめることもできるので、多くのアレンジが可能となっています。

ミートソースやホワイトソース、ポテトサラダを詰めてもおいしくいただけます。

またお好みのソースを詰めたルマコーニをグラタン皿に敷き詰めた後、上からトマトソースとたっぷりとチーズをかけてオーブンで焼き上げることで、簡単なグラタン料理を作ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です