リゾーニ(パスタ)とは?合うソースやレシピ、特徴などについて

リゾーニとは
スポンサーリンク

リゾーニ(パスタ)とは?特徴について

スパゲッティやマカロニなどパスタにはいろいろな種類がありますが、その中でリゾーニとはどのようなものかご紹介します。

リゾーニは日本のお米とよく似た形をしていて、イタリア語で大きなお米を意味する「Risoni」と表記されます。

元々は大麦を原料にして作られていたことから「オルゾ」と呼ばれていたのですが、イタリアのパスタメーカーのバリラ社がリゾーニという名前で日本の製粉業者に販売したことが語源となり、お米を意味するその呼び方が定着したのです。

今ではセモリナ粉を使用して作られていてマカロニの一種とされています。セモリナ粉を使用しているリゾーニは弾力があり形が崩れにくいという特徴もあるので、プチプチとした食感を楽しむことができます。

リゾーニは日本では輸入食品の店で入手することができます。

リゾーニ(パスタ)の茹で方や茹で時間

リゾーニは丸い形をして断面も太さがあるので、茹でる際に中まで火を通すのにスパゲッティやマカロニよりも時間がかかります。

リゾーニはお米を大きくしたような形をしているパスタなので、小さいのですが太さがあるので茹で時間は11分くらいしっかりと茹でる必要があります。

他のパスタと同じようにリゾーニも下味に塩を利用して茹でていくので、たくさんのお湯に対して1%ほどの塩分を加えて茹でていきます。

茹で方のポイントは、塩を入れ過ぎないということです。塩で下味をつけることによってソースと絡めやすくなるのですが、塩分がきついて味が染み込みにくくなってしまうからです。

リゾーニ(パスタ)に合うソース

リゾーニは米粒を少し大きくしたサイズ、形をしたパスタですがそれに合うソースを紹介します。

合うソースは、トマトソースやクリーム系やチーズ系のソースです。

お米に形が似ているのでリゾットにも使ったり、表面積が少ないという特徴からスープにもよく使われたりトマトやバジリコとの相性も抜群です。

リゾーニを使ったパスタのレシピ

リゾーニの豆乳チーズリゾットのレシピ

リゾーニの豆乳チーズリゾットのレシピをご紹介します。

【食材】(2人分)

  • ベーコン4枚
  • ニンニク一片
  • バター一片
  • 玉ねぎ1/2
  • コンソメ大匙1
  • 豆乳100~150ml
  • スライスチーズ2枚
  • 粉チーズ・パセリ(お好みで)

【作り方】

  1. ニンニクは包丁の背でつぶしてからみじん切りし玉ねぎは薄くスライス、ベーコンは細切りにしておきます。
  2. バターを溶かしたフライパンでニンニクを炒め、香りがよくなってきたら玉ねぎを入れてあめ色になるまで炒めます。
  3. パスタを沸騰したお湯で表示マイナス2分で茹でます。
  4. フライパンに茹であがったパスタ、牛乳、コンソメを入れて3分ほど煮て水気を飛ばします。
  5. スライスチーズをちぎって入れて溶かして混ぜます。
  6. 盛り付け後、お好みで粉チーズやパセリを振って完成です。

リゾーニを使ったアラビアータ

その他にリゾーニを使ったレシピでおすすめはアラビアータです。パスタ自体が小さいですからソースに良く絡み、辛いものとの相性は抜群です。

唐辛子の辛味とトマトやにんにくの酸味といずれもマッチし、今まで食べた事のないような食感と絶妙なバランスの酸味、辛味を味わう事が出来ます。

更にナスをのせるとマイルドになりますので辛いのが苦手な方にはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です