リガトーニとはペンネに似たパスタ?合うソースやレシピなど特徴は?

リガトーニ(パスタ)特徴

リガトーニ(パスタ)とは?特徴について

リガトーニとはイタリアのパスタで「rigatoni」と表記し、呼び方も「リガトーニ」です。イタリア語で「線を引く」という意味の「rigare」が語源とされています。

リガトーニはサラダで使われているマカロニと同じくショートパスタに属する短めのパスタで、その特徴は穴のあいた円筒形の形に外側に波状の線(筋模様)が入っていることです。

太さはマカロニより太く直径9~15㎜くらいで、断面は丸い円形となっています。分かりやすく言うとペンネの形と類似していますが、端はペンネのように斜めでなく、真っ直ぐに切られています。

食感はモチモチしています。

リガトーニ(パスタ)の茹で方や茹で時間

リガトーニの茹で方はたっぷり2ℓのお湯に20gの塩(お湯に対して1%の塩)を含めるのが美味しく仕上げるポイントです。

太いタイプの短いパスタですので、他のパスタと比べて茹で時間が長いという特徴があります。茹で時間は通常より長めの18分、好みによっては20分程度で丁度良い固さになります。

リガトーニ(パスタ)に合うソース

リガトーニはその太さと穴が内側に空いているだけでなく外側にも線が入っているのでソースとの絡みの良さに繋がっています。

味が濃いめのソースとの相性が良いとされているリガトーニに合うソースは、トマトソースやクリームソース、アラビアータなどがおすすめです。

ミートソースやアマトリチャーナ、子羊のもつ(パイヤータ)とトマトを使用したソースなどと合わせるとおいしい料理に仕上がります。

リガトーニは、ソースと絡めて食べることが美味しいので、特別な高級食材ではなく美味しいソースを作ることが重要です。

リガトーニを使ったパスタのレシピ

リガトーニを使ったパスタレシピは、濃厚なクリーム系でしたら、アスパラとベーコンのクリームパスタがおすすめです。

    【材料】

  • エクストラバージンオリーブオイル
  • アスパラ
  • ベーコン
  • 白ワイン
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • パルミジャーノ
  • くるみ
  • 塩コショウ

まずはアスパラとベーコンをオリーブオイルである程度炒めたら、白ワインを加えてアルコール分を飛ばします。

そこへ牛乳を加え火を入れます。生クリームを入れて濃度が出てきたら塩コショウで味を調えて、茹で上がったリガトーニを入れて1分程火を入れてソースと馴染ませます。

お皿に盛ったらパルミジャーノをかけて、食感を楽しむためにくるみを散らして完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です